俺の甥っ子がこんなにエロ小僧なわけがない

お久しぶりで御座います。
長い間ご無沙汰いたしておりました。
さっそくですが、お話を始めさせていただきます。

さてワタクシには姉の子、世間で言うところの甥が二人おります。
そのうちの年長の甥は今年で13歳、中学一年生になりました。

ついこの前までは可愛いかったこの甥も、
今ではスッカリ小生意気になってしまいまして、
叔父であるワタクシを軽んじる発言を繰り返し、
口先だけは一人前になったと感じでいたので御座います。

しかしながら、いえやはりと申しますか、
13歳の少年とは、心も体も
子供から大人へと変っていく過程の真っ只中にあるので御座います。
これは、ワタクシのみならず、皆様もご経験なされた、宿命でございます。
皆様も、ご自身が13歳だった頃のことを思い出して下さいませ。

子供の心と大人の欲望が一つの体の中に混じり合う、違和感。
周りは自分を子供として扱うのに、
自分の中に芽生え始めた男としての抑えきれない衝動。
そして子供と大人とを区別する「18歳」という年齢の壁が持つ圧倒的な存在感。

いや、言葉を飾っても仕方が御座いませぬ。

13歳の少年は、18禁なモノを合法的に手に入れることができない。

此度のお話は、大人の階段を上ろうとするワタクシの甥のお話で御座います。

本題に入る前に、すっかりと前置きが長くなってしまいました。
今宵はこのあたりで。


俺の後輩がこんなに可愛いわけがない 1 (電撃コミックス)
アスキー・メディアワークス
2012-05-26
いけだ さくら

Amazonアソシエイト by 俺の後輩がこんなに可愛いわけがない 1 (電撃コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック