表現の自由を誰に求めるのか2~フランス新聞社襲撃事件に接して~

前回の続き。

一般社会では、ほとんどの人が、『言いたい放題』なんてしない。
だって、自分の言葉が誰かを傷つけることがあるから。
そしてそれは、ブーメランのごとく自分に帰ってくるから。

自分の周りを見回してみても、言いたい放題の人って、
やっぱり周囲から浮いている。

表現の自由なんかより、
平穏な生活ですよ、普通の人にとっては。

やりたい放題、言いたい放題で、周りとトラブルを起して、生き難くするより、
グット言葉をこらえたり、表現を選んだりしながら、
心安らかな人生を送ろうとする人がほとんど。

ところが、ペンを持つと別の人格が現れる人がいるようです。
攻撃的というか、刺激的な表現を如何にばら撒くかに腐心しているような人達です。

あれ、そう言えば、ネットでも、普段と凄いギャップのある人がいるなぁ。
新聞記者とネットの書き込みを同視してはいけないんだろうけど。


ジキル博士とハイド氏 (まんがで読破)
イースト・プレス
スティーブンソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジキル博士とハイド氏 (まんがで読破) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック