言い訳の研究 番外2-1 ~「『慰安婦検証記事』朝日OBはこう読んだ」を読んで~

前回の続きです。

朝日新聞の元主筆はさらに自己正当化を続けます。

曰く、
「記事を捏造したと言うのは誤り。
吉田氏にだまされたのであって、捏造とは次元が異なる。」

すばらしいです。
この中に、いくつもの言い訳が含まれています。

元主筆は「記事の『捏造』」というコトバの意味を
「意図的にウソの記事を書くこと」
と非常にせまい解釈をすることで、
「自分たちの行為は捏造ではない。
故に朝日新聞への批判は的外れである。」
と主張したいようです。

見事です。

つまりこういうことです。

あるとき、小学生のA君が同級生のB君に怪我をさせてしまいました。
そこで、先生はA君を叱りました。
「A君、B君を叩いたら駄目じゃないの。B君に謝りなさい」

するとA君はこう言って、B君への謝罪を拒否しました。

「叩いたんじゃないもん。ちょっと蹴っ飛ばしただけだもん」

ココで問題なのは、「叩いた」か「蹴った」かの問題でしょうか?
違います。
A君がB君に暴力をふるい、怪我をさせたことです。

追求する側のコトバ尻をとらえて、自らへの批判そのものを不当なものとする。
このテクニックを一般に「揚げ足取り」と言います。



文藝春秋 2014年 10月号 [雑誌]
文藝春秋
2014-09-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 文藝春秋 2014年 10月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"言い訳の研究 番外2-1 ~「『慰安婦検証記事』朝日OBはこう読んだ」を読んで~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント