テーマ:レビュー

おじさんの読書感想文 5 「勇ハモ」

正式なタイトルは 「勇者召喚されたけど自分だけがハズレ勇者で魔法もスキルもないハードモードだった」 (署:アファー)です。 すごく長いタイトルですが、内容は結構シリアスかな。 ある日高校生の『陣内陽一』がクラスメイトとともに異世界へ勇者として召還されるのだが、 他のクラスメイト達と違って、彼だけには勇者の恩恵が与えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんの読書感想文 4 「セブンス 2」

剣と魔法のある世界で、 先祖様達が宿る宝玉の助けを借りながら、 冒険者として成長していく元貴族の少年、 『ライエル・ウォルト』の活躍を描いた物語の第二弾。 「小説家になろう」サイトで公開された物語の書籍版だが、 なんと、今巻は完全新規エピソード。 Webでは読めなかったライエル達の活躍が楽しめます。 今巻では、『ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんの読書感想文 3 「セブンス 4」

剣と魔法、おまけに魔物や迷宮が存在する世界で 元貴族の少年、『ライエル・ウォルト』が活躍する物語の第四弾。 「小説家になろう」サイトで公開された物語が 書籍版として新たに書き直されており、Webで読んだ人も楽しめる。 冒険者としてさらなるステップアップのため、学術都市アラムサースへやってきたライエル達。 求めるは、技術と知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんの読書感想文 2 「法医昆虫学捜査官」

タイトルをみて、 「『法医昆虫学』とは何だろう?」 という疑問とともに思わず手にとったのがこの一冊。 「法医昆虫学捜査官(作:川瀬七緒)」 法医昆虫学とはつまるところ、 死体に涌く虫の成長と生態系の組まれ方から死後経過や 犯罪環境等を割り出していくという法医学の一種。 死体に涌く虫とは、主に蛆、即ちハエの幼虫で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんの読書感想文 1「セブンス」

おじさんになって、ライトノベルにはまってしまいました。 さてライトノベルの定番といえば、異世界で異能を発揮して迷宮に潜り、 魔物を退治し、お金を稼ぎ、ハーレムを作り、ついでに魔王を倒しちゃう、 そんな物語が多いのですが、 この作品「セブンス(作:三嶋 与夢)」もそんな感じ。 あらすじは、元貴族の少年、ライエル・ウォルト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more